教習所を利用する時にスマホアプリを活用して短期取得をした体験談

教習所を利用する時にスマホアプリを活用して短期取得をした体験談

車2

自動車免許を欲しい時には、教習所に通うか合宿に参加することになりますが、そこで活躍する便利なものがアプリです。アプリを活用することで、試験に合格しやすくなったり、予約が入れやすくなりますので、教習所を利用される方は積極的に使っていきましょう。

私も自動車免許を取得する時に教習所に通いましたが、そこでアプリを活用して合格した体験談があります。以下、教習所に通う人が使うと良いアプリや使い方を紹介します。

まずはスケジュールアプリを活用しよう!

教習所に通う事になったら、スケジュールを立てる必要性が出てきます。運転の練習をする時には、予約手続きが必要になりますので、そこで予約を入れたら忘れないようにスケジュールにメモをしていきましょう。スケジュールアプリを使うことで、いつ試験があるのか、受験期限はいつなのか、入力しておくと忘れることが減り安心です。

特に受験期限はとても重要で、それを過ぎるとせっかく勉強したことが水の泡になる恐れもありますので気を付けましょう。また、スマホのスケジュールアプリは通知機能が付いているものがオススメです。通知機能があれば、事前に知らせてくれるので、忘れる心配が減ってきます。

学科試験はアプリで繰り返し学習する

そして、教習所で勉強する時に役立つものが試験の勉強アプリです。問題集を使って練習をする方法も良いですが、アプリを使うことで勉強の効率を上げることが出来ます。

また、教習所のテキストについている問題集は、一度鉛筆やボールペンで解答欄を埋めてしまうと、もう一度問題をときたい時に正解が見えてしまいますが、アプリならボタン一つでクリアして何度も復習して勉強が出来ます。

教科書や問題集に書き込みをしたくない方にも、スマホの試験勉強用のアプリはオススメです。教習所では修了検定や仮免許学科試験があり、それぞれ勉強しなければいけない項目も変わってきますので、うまくアプリを駆使して突破していきましょう。

どのようなアプリがオススメか

スマホのアプリストアの中にある運転免許取得の学習アプリは数が非常に多いです。また、アプリによって解説するポイントが違ったり、使い方も変わったりしますので、利用する前にはアプリの品質から見ていきましょう。

特に見ていきたいのは、問題のポイント解説部分です。問題文を解いた時に、それが不正解だったらなぜ不正解なのか丁寧に解説をしてくれるアプリなら安心して学習できます。解説が細かく書かれていればその分だけ、頭に残りやすく次回間違った解答をしてしまう可能性を減らせます。

解説の他には、ランダム出題機能や、間違った問題を優先的に出題してくれる機能などもあると便利です。また、その他に見たい部分は問題文の数です。問題文の数が多く、幅広いジャンルから出題してくれるアプリなら、試験でも臨機応変に対応できるようになります。

過去問を重点的に解いて、勉強していきたい方は問題文の多さにも注目していきましょう。そして、もう一つ重要なことは、内容が正しいかどうかです。アプリの中には一部、内容や解答自体が誤っているものも少なからずあります。

間違ったまま覚えてしまうと、試験での得点が減る原因になりますので、教本と比較したり口コミや人気ランキングを参考にしたりして、正確な情報が書かれている信頼性の高いアプリを使って下さい。

スキマ時間を活用して勉強をするのがコツ

運転免許取得のために、スマホアプリを使って学科試験対策をする方は、スキマ時間を見つけてどんどん勉強していきましょう。例えば、教習所に行く時に、教習所の送迎バスを使っているなら、その中でアプリを使って勉強をすると試験で良い結果が出やすくなります。

教習所へ向かう行き帰りのバスの他には、リビングでくつろいでいる時、お風呂上がりのゆったりしている時間、寝る前などスキマ時間は以外にあったりしますので、それを有効活用できるかどうかが試験合格のカギを握ってくるでしょう。

標識を覚えるときにもアプリが活躍

運転免許の学科試験は、文章を見れば正解がある程度推測することが出来る内容が多いですが、道路標識の問題に関しては標識を覚えていないと解答できない場合もあります。文章問題は良い点を取れたのに、標識の問題でミスが多くて落ちてしまったという方もいるでしょう。

と、そこで困っている方にも道路標識問題が豊富なスマホアプリがオススメです。道路標識に絞って問題が出題され、不正解の場合は標識の意味を表示してくれるアプリもあります。試験問題対策にもなり、道路標識の暗記にも使える便利なアプリですので、そちらも活用していくと合格が近づきます。

普通自動車免許の他に原付きや大型のアプリの他、ゲームアプリも活用できる

スマホアプリでは普通自動車免許以外に、中型や大型自動車、バイクの試験勉強のためのアプリも存在します。特に高校生が取得することも多い原動機付自転車免許のアプリは数も多いので、その勉強をスタートする方は使ってみましょう。

また、普通自動車免許のように無料で使えるアプリも多いです。ちなみに、最近は学科試験の勉強アプリの他に、実技試験や運転の練習を疑似体験することが出来るVRアプリもありますし、本物に近い運転間隔を味わえるレーシングゲームアプリもあります。

アプリと一緒に、操作用のハンドルコントローラーを使えば、操作感はまさに運転をしているのと同様の感覚を味わえますので、自宅で擬似的な運転の練習をしてみたい方はそれを使うのも手です。教習所の学習カリキュラムの中には、高速道路を走る「高速教習」もありますが、その時に速いスピードで走る感覚を身に着けておけば、高速教習に対する恐怖心も和らぐ事もあります。

教習所の教員に生徒が求めること

ゲーム感覚でプレイするのが合格への近道

自動車教習所に通う方は、スマホアプリで勉強していくのがおすすめですが、アプリを使う時にはゲーム感覚で楽しくプレイするのが合格への近道となってきます。教習所の教本を見ると眠たくなるという方も、スマホアプリなら楽しくプレイできることも多いですし、アプリによってはキャラクターの挿絵などが付いていてゲーム感覚でプレイできたりします。

勉強するぞと意気込んでプレイするよりも、気晴らしにプレイするか程度のゲーム感覚でやったほうが物覚えも良くなったりしますので、勉強する時は気構えをせずにプレイすると良いです。また、過去問を解いていくアプリを使う時には、結果の点数をメモし、ハイスコアアタックをする感覚でプレイすると、より楽しく勉強をしていくことが出来ます。

また、友人を誘って一緒に点数を競うのも良いでしょう。